【スズキ アドレス110 発表】グローバルモデルの原付二種…望月専務「インドネシア生産でコスト効率化」

モーターサイクル 新型車

スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ アドレス110
  • スズキ 二輪事業本部長を務める望月英二 取締役専務役員
  • スズキ二輪の濱本英信代表取締役社長
スズキは、新型原付二種スクーター『アドレス110』を3月19日より発売する。価格は20万5200円。同車はインドネシアで生産され、東南アジアをはじめ日本、欧州、大洋州に展開されるグローバルモデルである。

アドレス110は様々な道路事情を考慮した14インチタイヤの採用、そして日本では重要視される収納・積載性、そしてWMTCモード51.2km/リットルを達成した新型112ccエンジンの採用など、グローバルモデルとしての性能を備えた。また、原付二種ながら20万円台という価格設定も魅力のひとつである。

1月21日に行なわれた記者向け説明会で、取締役専務役員で二輪事業本部長の望月英二氏は「“グローバル化”というのがアドレス110の開発キーワード。インドネシアという最大のマーケットに生産拠点を構え、そこから世界に供給することでコストが効率化でき、アドレスの魅力である買いやすい価格を実現した」と話した。

そしてスズキ二輪の濱本英信代表取締役社長は「2008年の排ガス規制により、原付二種の需要は一時期落ち込んだものの、昨今は回復基調にある。特に小型二輪限定免許(125cc以下)の取得者が増加傾向だ。新型アドレス110の導入で50ccからのステップアップに加え乗り換え需要にも対応し、スズキのシェアを拡大したい」と述べた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集