アウディジャパン好調、中古車人気が販売支える 2014年

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ ジャパン大喜多寛社長
  • アウディ ジャパン大喜多寛社長
  • アウディジャパン記者懇親会
  • アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏
  • アウディの世界での販売台数推移
  • アウディジャパンの販売台数推移
アウディジャパンは2014年の販売台数が3万台を超えたことを発表。アウディ全体では世界で10番目の販売台数だという。

「2014年、アウディは世界で174万台を販売。昨年の158万台から10.5%成長した。2009年は95万台で、これはリーマンショックがありボトムの年だった。そこからはほぼ倍近くの台数になり、順調に成長している」とは、アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏の弁。

「日本は3万1413台と10番目の販売台数だ。2006年から伸び続け、8年連続で日本でも成長しており、2010年からは倍近い(2010年は16854台、JAIA調べ)ボリュームで、世界と同じように日本でもアウディは成長している」と述べる。

更に新車だけではなく“トリプルA”と呼ばれるアウディの認定中古車も順調に推移している。「昨年は9000台を突破した。2008年から比較をすると、約3倍の認定中古車が売れている」と大喜多氏。つまり、「新車と中古車を合わせると約4万人が新たにアウディのお客様になってくれたのだ」と話す。

大喜多氏は、「中古車の人気があるというのは、ユーザーの下取り価格にも影響する。新車購入後、3年から5年で乗り換えるときに、リセールバリューが非常に高くなるのだ。これは、新車のユーザーにとって経済的な価格メリットになるので、これも新車が売れる大きな要因になっていると思う」とコメント。

そして、「我々としては新車も大事だが、中古車の伸び率も大事にしているので、この中古車の数字も嬉しい数字なのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集