ヤマハ ビーノXC50D、2種類の女性向けモデル発表

モーターサイクル 新型車

ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
  • ヤマハ「ビーノXC50D」の2015年モデル
ヤマハ発動機は、原付1種スクーター『ビーノXC50D』の2015年モデルを2月14日から発売すると発表した。

2015年モデルは、女性デザインチームが開発を担当、女の子らしいスタイルを好む女性向け「Vino Girl」、ボーイッシュでアクティブな女性向け「Vino Boy」と2つのスタイルを設定した。

新色「マットダークグレーメタリック1」(マットグレー/ベージュ)は、ビーノ初のマットカラーを、ベージュ系ボディと調和させ、ホイール、フラッシャーカバーもベージュとして細部までコーディネイトした。

イエローとホワイトをアクセントに使った「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー/ブラック)も新設定する。

製造はヤマハモーター台湾で行う。販売目標は年間1万1000台で、価格は20万4120円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集