【デトロイトモーターショー15】レンジローバー と レンジローバースポーツ に新型ディーゼル…燃費はガソリン比で32%向上

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバースポーツとレンジローバーのTd6
  • レンジローバースポーツとレンジローバーのTd6
  • レンジローバーとレンジローバースポーツのTd6
  • レンジローバーのTd6
  • レンジローバースポーツのTd6
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、『レンジローバー』と『レンジローバースポーツ』の新型ディーゼル搭載車を初公開した。

この新型ディーゼル搭載車は、「Td6」グレードを名乗る。米国市場では、2015年の秋に投入される予定。

新開発の3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルは、最大出力254hp、最大トルク61kgmを発生。61kgmもの強大なトルクは、1750rpmの低回転域から引き出される。

その効果で、0-96km/h加速は、レンジローバースポーツが7.1秒、レンジローバーが7.4秒。V型6気筒ガソリンエンジン搭載車の6.9秒、7.1秒と比較しても、遜色ない。

優れた環境性能は、ディーゼルならでは、米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地が約9.35km/リットル、高速が約11.9km/リットル、複合モードが約10.63km/リットル。ランドローバーは、「V6ガソリンよりも32%良好」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集