【東京オートサロン15】O.Zとのコラボホイールを出展したファヴォーレとは

自動車 ニューモデル モーターショー

ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
  • ファヴォーレ ブース(東京オートサロン15)
東京オートサロン15でレッドを基調としたブースを構えた「ファヴォーレ」。発売間もないレクサス『RC』を展示し来場者から多くの注目を集めていたが、RCの足元を飾るホイールには「designed by O.Z」の文字が。

このファヴォーレ、聞きなれない名前だが、実はミニバンや軽自動車、商用車など、車種に合わせ多彩なブランドを有するケースペックが新たに展開するホイールブランド。広報の筒井修氏は全くの別のメーカーと思ってもらっていいと話し、オートサロンで初披露となる。

筒井氏は「オシャレは足元から。O.Zさんとコラボすることで、エレガントさを引き立てる繊細で風格のあるデザインが採用できた。今回アンダーカットという技術を用いて、鋳造ながらも軽量に仕上がっている」と製品に自信を見せる。

一方の”本家”ケースペックブースも負けてはいない。ラグジュアリーブランドの「シルクブレイズ」、LEDパーツなどの「ギャラクス」、インテリアカスタムの「アルティナ」など、同社の売りであるトータルコーディネートを全面に押し出したブースを展開した。

展示されたのは『オデッセイ』『ヴォクシー』『ハリアー』『ハイエース』の4台。カスタマイズのベースとしては人気の4台だが、どれもエアロパーツ、ホイール、内装、ライトなど、車両の隅々まで手が入っているという印象で、こちらも多くの人が車両を食い入るように見ていたのが印象的だった。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集