【東京オートサロン15】レイブリック、新レースクイーン発表「引退前にもう一度挑戦!」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
  • 2015レイブリック レースクイーン発表の様子(東京オートサロン15)
最終日を迎えた「東京オートサロン2015 with NAPAC」。レイブリックブースでは2015年のレイブリックレースクイーンが発表され、大山美保さんと比良祐里さんが務めることが明らかになった。

1990年代の全日本GT選手権時代からチーム国光のメインスポンサーとして国内トップレースで活躍しているレイブリック。それに華を添えるレイブリック レースクイーンは毎年多くのファンから注目を集めており、今回も発表会前からブースを囲むように多くのファンが集まった。

このうち、今日は大山さんがブースに登場。コスチューム姿ではなかったが元気な姿をファンに披露した。

実は昨年末をもってレースクイーンの引退を発表していたが、子供の頃から憧れていたレイブリック レースクイーンになることだけは諦めきれず、もう1年だけ再挑戦を決意。長年目指してきた目標が叶う形となった。この決定に、ファンからは「おめでとう!」と祝福の声が飛び交った。

ステージ上で大山さんは「昨年を持って引退しようと決めていたのですが、大好きなサーキットでレースクイーンとしてやり残したことはなかっただろうかと考えた時に、レイブリックレースクイーンになることにもう一度挑戦したいと思いました。伝統あるレイブリックのレースクイーンになる以上、命がけで精一杯頑張っていきたいなと思います。」と強い決意と意気込みを語った。

またこれによって、遠藤さんと石黒さんのレイブリックレースクイーンの卒業が正式決定。ファンへの挨拶では感極まって涙を流すシーンも観られたが、集まったファンからは次のステージに向かおうする2人へ温かい拍手が贈られた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集