東京ガス、FCV向け水素価格を1kg当たり1100円に決定

自動車 ビジネス 企業動向

東京ガスが練馬区に商用水素ステーションをオープン
  • 東京ガスが練馬区に商用水素ステーションをオープン
  • ホンダ FCVコンセプト
  • 水素燃料の充填口(トヨタ MIRAI)
  • トヨタの燃料電池車 MIRAI(ミライ)
東京ガスは、燃料電池自動車(FCV)向けの水素の販売価格を1kg当たり1100円(消費税除く)に決定したと発表した。

燃料電池車向け「水素」の価格は、岩谷産業が東京ガスと同じ1kg当たり1100円、JX日鉱日石エネルギーが1kg当たり1000円と発表している。

東京ガスは昨年12月、「練馬水素ステーション」(東京都練馬区)を開所。経済産業省資源エネルギー庁が昨年6月に発表した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の中で掲げた、「2015年にガソリン車の燃料代と同等以下、2020年頃にハイブリッド車の燃料代と同等以下」の実現に向けて、販売する水素の価格を検討してきた。

今回、燃料電池車ユーザーの経済性を考慮し、燃料電池自動車と同車格のハイブリッド車に必要なガソリン代と同程度の水準に価格を設定したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集