STマイクロ、次世代カーオーディオに最適なチューナICを発表

自動車 ビジネス 企業動向

STマイクロエレクトロニクスは1月8日、カー・オーディオの開発効率を最大化すると共に、製品コストの最小化に貢献する新しいチューナ「IC STAR(ST Advanced Radio)」ファミリを発表した。

STのカーオーディオ用チューナICの最新ファミリであるSTARは、各種カーオーディオや使用地域に対応する単一ハードウェア・プラットフォームの開発を可能にする。異なるハードウェアとソフトウェアを組み合わせた複数製品の設計が不要になり、シンプルなシングル・チャネルのAM/FMラジオから、複数規格(DAB/HD-Radio(TM)/DRM)に対応するマルチチューナ型製品まで、あらゆるカーオーディオを単一の基板レイアウトで実現できる。

STAR-T(TDA7707)は、モノリシックのデュアルチャネル・チューナIC(4バンド)で、FMフェーズダイバーシティ、FM+バックグラウンドFM/AM、およびFM/AM+バックグラウンドRDS/TMC(2)を含む、ラジオ受信における幅広いアーキテクチャに対応。外付けコプロセッサと組み合わせれば、HD-RadioTMおよびDABなどのデジタルラジオ放送の受信にも対応する。

また、シングル・チャネルのSTAR-S(TDA7708)には、ハードウェア(ピン配置)ならびにソフトウェアの互換性があるため、簡単にデュアルチャネル・システムへ拡張することができる。

小型のQFN64パッケージ(9x9x0.85mm)で提供される両製品は、あらゆる環境下で最高の受信品質を実現するためにラジオ信号の処理に特化したDSPや外部デジタル・ラジオ・デコーダへのインタフェースを搭載すると同時に、外付け部品を最小限に抑える。また、製品開発期間を短縮する評価キットやハードウェア・ソフトウェア関連資料も用意されている。

同社は現在サンプル出荷中で、2016年に量産を開始する。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集