IRいしかわ鉄道、車両デザインを決定…編成ごとに異なる配色

鉄道 企業動向

このほど決定したIRいしかわ鉄道の車両デザイン。「石川の伝統工芸を彩る五つの色」を使ってデザインする。
  • このほど決定したIRいしかわ鉄道の車両デザイン。「石川の伝統工芸を彩る五つの色」を使ってデザインする。
  • 車両はJR西日本から521系電車を譲り受けて運用する。写真は北陸本線で運用されている現在の521系。
北陸本線倶利伽羅(石川県津幡町)~金沢(金沢市)間17.8kmの運営を引き継ぐIRいしかわ鉄道は1月5日、同社が運用する車両のデザインが決まったと発表した。

コーポレートカラーとロゴマークのほか、車体側面のアクセントカラーとして「石川の伝統工芸を彩る五つの色(赤・臙脂系、黄・黄土(金)系、緑・草系、紫・古代紫系、紺青・藍系)」を使用。五つの色は編成ごとに異なる配色にする。

IRいしかわ鉄道は北陸新幹線長野~金沢間の延伸開業(3月14日)にあわせ、倶利伽羅~金沢間の経営をJR西日本から引き継ぐ石川県の第三セクター。車両はJR西日本から521系電車を譲り受けて運用する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集