【IIHS衝突安全】マツダ アクセラ、アテンザ、CX-5、2015トップセーフティピック+に

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • 新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • マツダ・Mazda6(日本名:アテンザ セダン)
  • マツダ CX-5 (米国仕様)
米国IIHS(道路安全保険協会)は12月23日、マツダの3車種、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)、『CX-5』を、「2015トップセーフティピック+」に認定すると発表した。

「2015トップセーフティピック」は、IIHSが衝突テストを実施したモデルの中で、優れた結果を残した車に与えられる賞。この中から、IIHSは最も安全性が高い車種に、「2015トップセーフティピック+」の称号を与えている。

2015トップセーフティピック+に選ばれるための条件は、通常の前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hの各衝突テスト、追突時のむち打ち確認テスト、横転を想定したルーフ強度テストに加えて、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストで、優秀な結果を残す必要がある。

スモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。対向車がセンターラインを超えてきて衝突した場合など、実際の衝突事故に、より近づけるための追加テスト。IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に指定し、従来の「トップセーフティピック」以上に、高い衝突安全性能を認めている。

さらに2013年9月からは、前面衝突予防性能を評価する新試験プログラムの結果も条件に。前面衝突予防システムをオプション/標準装備する車種に関して、自動ブレーキ機能の有無や自動ブレーキの検証テストを行ったうえで、衝突回避性能を、上から「スーペリア」、「アドバンスド」、「ベーシック」の3段階で評価する。

このテストでは、先行自動車のリア部分に見たてた静止目標に向かって、IIHSのエンジニアが20km/hおよび40km/hで車両を走らせ、自動ブレーキによる減速性能を検証する。最高評価の「スーペリア」を獲得するには、自動ブレーキ試験で4‐5ポイント、前面衝突警報付車両への1ポイントの加算を含め、総合5ポイント以上(最高6ポイント)が必要とされる。

これらの条件をクリアし、アクセラ、アテンザ、CX-5の3車種は、IIHSから2015トップセーフティピック+の認定を受けている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集