BMW 6シリーズが進化…ラグジュアリーの世界が極まる[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 6シリーズ改良新型
  • BMW 6シリーズ改良新型
ドイツの高級車メーカー、BMWが2015年1月、デトロイトモーターショー15でワールドプレミアする改良新型『6シリーズ』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

現行6シリーズは3世代目モデル。2011年1月、デトロイトモーターショー11で、まずは「カブリオレ」が登場。2011年3月には、2ドアクーペが追加された。2012年春、ジュネーブモーターショー12では、4ドアクーペの『6シリーズ グランクーペ』を発表。

デトロイトモーターショー15で初公開される6シリーズは、デビュー4年を経て、初の大幅改良が施されたモデル。2ドアクーペ、カブリオレ、4ドアクーペの3ボディが、同時発表される。

外観は、キドニーグリルと前後バンパーのデザインを変更。ヘッドライトは新開発のフルLEDとなり、オプションでアダプティブLEDヘッドライトも選択できる。アルミホイールも、新デザイン。

室内は、一部の素材を見直し、さらなる高級感を追求。BMWヘッドアップディスプレイは最新世代に進化。ツートンのレザー内装をはじめ、オプションの充実が図られた。

12月10日、BMWは公式サイトを通じて、改良新型6シリーズの映像を配信。グランクーペ、カブリオレ、クーペの3台が、極まるラグジュアリーの世界を紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集