ダッジ チャレンジャー「ヘルキャット」…707hpで、10ベストエンジン2015を受賞

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット
  • ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット
  • ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット
  • ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット
米国の自動車大手、クライスラーグループは12月10日、ダッジ『チャレンジャー』に搭載される6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャー「HEMI」エンジンが、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2015」に選ばれた、と発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10台を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者が10エンジンを選び出す。

選考条件は、2015年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万ドル(約710万円)以下に限定される。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外された。

10ベストエンジン2015に選ばれたのが、ダッジ チャレンジャーの最強グレード、「SRTヘルキャット」に搭載される6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャー「HEMI」。最大出力は707hp、最大トルクは90kgmと超パワフル。トランスミッションは6速MTまたは8速AT。北米のドラッグレースの統括団体、全米ホットロッド協会が認定したSRTヘルキャットの0-400m加速タイムは、標準のピレリタイヤ装着時で11.2秒、オプションのドラッグレース用タイヤ装着時で10.8秒。

『ワーズオートワールド』誌のドリュー・ウインター編集長は、「最大出力707hpのエンジンが、ベース価格6万ドル以下で手に入るのは素晴らしい」と、コメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集