【レクサス RC 試乗】大人に似合う貴重なクーペ…島崎七生人

試乗記 国産車
レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサスRC350 F SPORT
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
  • レクサス RC350 Fスポーツ
クーペはそもそも、然るべき大人が颯爽と乗りこなすべきクルマ。『RC350 F SPORT』に乗りながらレポーターなどは「ああ、最終的にこういうクルマが似合う人生を歩むべきだった」と、過去形で思うのだった。

個人的な独白はさておき『SC』なき現在、貴重なクーペでもあるのがこのRCだ。例により超饒舌で抑揚に富むデザインだが、セダン系よりも“着こなしている”と感じるのは、よりパーソナルなクーペ故か。マセラティなどにも一脈通じる、上品でいながらスポーティなムードはドキッ! とさせられる。いいね! である。

インテリアも2ドアクーペらしいパーソナルな雰囲気。可動式のシートベルトガイドがあればなおいいが、2ドアながら小柄なドライバーでもドアの開け閉めに不自由さを感じない。装備、革シートの上質な風合い等いつものレクサスだが、やはりそこには、経済性重視のコンパクトカーなどとは別世界の極上空間が展開されている。身体を的確に包み込むシートもいい出来栄えだ。

ベースの…といっても318ps/38.7kgmと十二分な性能の3.5リットルV6エンジンだが、その走りもなめらかで豪快だ。走行モードの切り替えができ、その違いは明らかだが、エンジン、足回りとも、決して性格を豹変させるようには切り替わらないから、ゆったりとした気分のまま走らせていられる。組み込まれたサウンドジェネレーターの加速時の音の演出も小気味いい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース