長野駅の新幹線改札付近がリニューアル…待合室など整備

鉄道 企業動向
待合室の完成イメージ。木質感のあるデザインでまとめられる。
  • 待合室の完成イメージ。木質感のあるデザインでまとめられる。
  • 新幹線改札付近のイメージ。リニューアルする部分は12月19日から順次オープンする。
JR東日本長野支社は12月9日、北陸新幹線の長野~金沢間延伸開業(2015年3月14日)に向けて長野駅で実施している改良工事について、12月19日から順次、新幹線改札付近をリニューアルオープンすると発表した。

新幹線改札内には待合室を整備。コンビニエンスストアを改札の内外に設置するほか、東西自由通路に面してコインロッカー室とATMも設ける。待合室とコンビニ、ATMは12月20日にオープン。このうち待合室は「信州らしい温もりを表現した、木質感のある」デザインでまとめるという。約104平方mに57席を設け、授乳室を備えたベビー休憩室も設ける。

このほか、コインロッカー室は12月19日にオープンする予定。2015年2月には土産物店も新幹線改札内にリニューアルオープンする。

長野支社は「今回オープンするエリアの顔づくりを行うことにより、駅全体のデザイン計画と意匠的な一貫性を保ち、信州の玄関口に相応しく、また見通しの良い空間に生まれ変わります」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 北陸新幹線の発メロ、JR西管内は沿線出身アーティストが提供 画像 北陸新幹線の発メロ、JR西管内は沿線出身アーティストが提供
  • JR東西2社、北陸新幹線試乗会を来年2月実施 画像 JR東西2社、北陸新幹線試乗会を来年2月実施
  • 飯山市ふるさと納税、新幹線駅に「刻名」の特典 画像 飯山市ふるさと納税、新幹線駅に「刻名」の特典
  • 長野駅は「信濃の国」、飯山駅は「ふるさと」に…北陸新幹線発車メロディ 画像 長野駅は「信濃の国」、飯山駅は「ふるさと」に…北陸新幹線発車メロディ
  • JR長野駅、新駅ビル建設に着手 全面開業は2015年春 画像 JR長野駅、新駅ビル建設に着手 全面開業は2015年春

特集