【ロサンゼルスモーターショー14】アキュラの入門セダン、ILX の2016年型に「Aスペック」…スポーティ仕様

自動車 ニューモデル モーターショー
アキュラ ILXの2016年型のAスペック(ロサンゼルスモーターショー14)
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック(ロサンゼルスモーターショー14)
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック(ロサンゼルスモーターショー14)
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック(ロサンゼルスモーターショー14)
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック(ロサンゼルスモーターショー14)
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック
  • アキュラ ILXの2016年型のAスペック
ホンダの高級車ブランド、アキュラは11月20日、ロサンゼルスモーターショー14において、アキュラ『ILX』の2016年モデルに「Aスペック」を設定すると発表した。

アキュラILXは2012年2月、シカゴモーターショー12で発表。ホンダ『シビック』をベースに開発されたアキュラブランドの新たな入門車。シビックのメカニズムをベースにしながら、専用デザインのボディが与えられる。

ロサンゼルスモーターショー14では、アキュラILXの2016年型を初公開。デビュー2年半が経過して、内外装を中心に初の大幅改良が施された。パワートレインには、直噴2.4リットル直列4気筒ガソリルエンジン(最大出力201hp、最大トルク24.9kgm)と、トルクコンバーター付きの8速デュアルクラッチトランスミッションを新たに用意。

その2016年モデルに設定されたのが、Aスペック。Aスペックは、アキュラが2003年、アフターマーケット部品の新ブランドとして、米国で立ち上げた。

アキュラILXの2016年モデルでは、「Aスペックパッケージ」として設定。外観は、リアスポイラー、サイドシルガーニッシュ、フォグランプなどを専用装備。アルミホイールは18インチの10本スポークで、グロスブラック仕上げとなる。

室内は、専用色のプレミアムブラック。シートは、ブラックのスエードとなる。アルミペダルやメーターのレッド照明、グレーのステッチなど、スポーティな演出が施されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集