【ホンダ グレイス 発表】デザインコンセプト「スリーククロスモーション」とは?

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
ホンダ『グレイス』のエクステリアのデザインコンセプトは、“スリーククロスモーション”である。

「フロントからルーフを通る流れるようなフォルムと、サイドの走りを表現するダイナミックなフォルムが融合した形状だ」とは本田技術研究所四輪R&Dデザイン室1スタジオの加藤千明さんの弁。

「フロントからの塊の勢いと、サイドのキャラクターラインの下の勢いが融合したスタイリングで、前からの塊と後ろからの塊が合わさった感じを表現している」という。

そして、「ホンダのスポーティでダイナミックなフォルム表現するために、キャラクターラインによって上下を分割し、その上側のキャビンを薄く、スリークに見せている」と加藤さん。つまり、「女性のベルトの位置を高くすると足が長く見える。それと同じで、キャラクターラインでしっかりと(高い位置で)分割することによって、キャビンを薄く見せてスリークに感じさせているのだ。これにより、ホンダのセダンとして、スポーティであると同時に、先進感を表現したかったのだ」と話す。

またその先進感はフロントでも表現されている。「『フィット』から始まった、エキサイティングHデザインを踏襲し、ソリッドウイングフェイスによってワイドに見せ、LEDヘッドライトを採用したことで、先進感が表現されている」。そして、「スポーティさや先進感を感じてもらい、いつまでも若々しい気持ちで乗ってもらいたいという思いも込めている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集