【NISMOフェスティバル14】創立30周年、ファンとタイトル獲得の喜び分かち合う…歴代ルマンカーも

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
  • NISMOフェスティバル2014
今年も恒例となった日産のファン感謝イベント「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2014(ニスモフェスティバル)」が30日、富士スピードウェイで開催。3万5000人のファンが来場し大盛況となった。

今年で創立30周年を迎えたニスモ。来年からルマン24時間耐久レースへの復帰で注目を集めている他、今年はSUPER GTのGT500クラス、スーパー耐久でも2クラスでチャンピオンを獲得。これまで陣営を応援し続けてきたファンへのタイトル獲得報告を兼ねた凱旋イベントとなった。

コースでは早朝から歴代のGTカーをはじめ、ツーリングカーやグループCカー、さらにニスモのデモカーを使用した同乗走行や、観光バスに乗ってレーシングカーが走るサーキットを体験するサーキットサファリが行われ、今季活躍したマシンや往年の名車などが一斉に登場。日産独特のエンジンサウンドが富士に響き渡った。

またグランドスタンド裏のイベント広場には大きなステージが設けられ、レースクイーンステージが行われた他、ドライバー・チーム監督によるトークショーも開催。今だから言えるシーズン中の苦労話やここだけの話が飛び出し、会場は終始笑いが絶えない和やかな雰囲気が漂っていた。

この他にもコックピット乗車体験やタイヤ交換体験のコーナーなど、様々なイベントが行われ、訪れたファンは1日中ニスモのレーシングカーを通じてモータースポーツを実際に体験するなどして満喫していた。

午後には、ニスモの歴史の中で欠かすことが出来ない、歴代ルマン参戦車両が登場。当時、ルマンで日産とともに活躍した長谷見昌弘氏、星野一義氏らがステアリングを握りファンの前でその勇姿を披露。グランドスタンドに集まったファンも食い入るように見入っていた。

そして、最後のフィナーレでは今年チャンピオンを獲得したドライバーたちに花束が贈られ、ファンに挨拶。特にSUPER GTのGT500でチャンピオンに輝いた23号車MOTUL AUTECH GT-Rの鈴木豊監督は「やっと皆さんに、このニスモフェスティバルでチャンピオン獲得の報告が出来て嬉しい。ホッとしています。たくさんの声援をありがとうございました」と挨拶した。

締めくくりに、一足早く松田次生とロニー・クインタレッリにより、今年貼られていた23番のステッカーが剥がされ、来季背負うゼッケン1番が登場。日が落ち、冷え込みが一層強くなった会場だったが、この日一番の熱気に包まれた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

  • ニスモフェスティバル、歴代レーシングカーとドライバーが集結…11月30日 富士 画像 ニスモフェスティバル、歴代レーシングカーとドライバーが集結…11月30日 富士
  • 【SUPER GT 最終戦】GT500クラス…2位に51秒差を付けた MOTUL AUTECH GT-R[写真蔵] 画像 【SUPER GT 最終戦】GT500クラス…2位に51秒差を付けた MOTUL AUTECH GT-R[写真蔵]
  • 【SUPER GT 最終戦】松田次生&クインタレッリ組GT-R、GT500王座獲得を果たす 画像 【SUPER GT 最終戦】松田次生&クインタレッリ組GT-R、GT500王座獲得を果たす
  • 日産、2015年にルマン復帰…アウディ、トヨタ、ポルシェと対決へ 画像 日産、2015年にルマン復帰…アウディ、トヨタ、ポルシェと対決へ

特集