マツダ アテンザ、2ドアクーペ設定か…ライバルはBMW 4シリーズ?!

自動車 ニューモデル 新型車
マツダの4ドアスポーツコンセプトカー「SHINARI(シナリ)」
  • マツダの4ドアスポーツコンセプトカー「SHINARI(シナリ)」
  • マツダの4ドアスポーツコンセプトカー「SHINARI(シナリ)」
  • マツダアテンザに2ドアクーペが設定される可能性を伝えた英『Auto EXPRESS』
マツダの主力車種、『アテンザ』。同車に将来、2ドアクーペモデルが設定される可能性が出てきた。

これは、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報を元に、「『マツダ6クーペ』(『アテンザクーペ』)が、2016年に登場する」と伝えている。

現在、アテンザには、セダンとワゴンの2種類がある。仮に2ドアクーペの市販化が実現すれば、アテンザにとって、第3のボディバリエーションとなる。

アテンザの2ドアクーペが目指すセグメントは、どこなのか。同メディアは、「ライバルはBMW『4シリーズ』」と断言。となると、セダンとワゴンよりも、上級志向を鮮明にし、マツダのブランドイメージを高める役割が与えられると見られる。

ところで、マツダは2010年、コンセプトカーの『靭』(SHINARI、シナリ)を発表。同車の「魂動」デザインが、現行アテンザのデザインに反映された。同メディアはアテンザのクーペについて、「フロントマスクはアテンザと共通イメージ。しかし、ボディラインは靭のように流麗で、マツダデザインの次なる変革を示すものになるだろう」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集