ヤマハ発動機、車いす用電動アシストユニットに20インチ仕様を追加…子ども用ニーズに対応

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機、車いす用電動アシストユニット「JWX-2」に20インチ仕様を追加設定
  • ヤマハ発動機、車いす用電動アシストユニット「JWX-2」に20インチ仕様を追加設定
  • ヤマハ発動機、車いす用電動アシストユニット「JWX-2」に20インチ仕様を追加設定
ヤマハ発動機は、車いす用電動アシストユニット「JWX-2」に20インチ仕様を追加設定し、11月7日から発売すると発表した。

従来の22インチ、24インチに加え、駆動車輪径は3種類になり、取り付け可能な車いすが拡大する。

「JWX-2」は、電動アシスト自転車PASの技術「パワー・アシスト・システム」を応用し、車いすのハンドリム操作の負荷に応じて電動の補助力がはたらく車いす用電動アシストユニット。

今回、身体の成長や症状の変化にあわせ微調整が欠かせない子ども用車いすへの装着ニーズに対応し、20インチ仕様を追加設定する。バッテリーを分離型にし、電動に見えないスマートなデザインを採用した。低床の車いすを使用している片まひの人も使用可能。

20インチ使用の価格は32万7000円から。販売計画は年間100台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース