【サンパウロモーターショー14】シボレーの小型セダン、コバルト…カスタマイズを提案

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー コバルトのカスタマイズコンセプトカー
  • シボレー コバルトのカスタマイズコンセプトカー
  • シボレー コバルトのカスタマイズコンセプトカー
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは10月28日、ブラジルで開幕したサンパウロモーターショー14において、『コバルト』のカスタマイズコンセプトカーを初公開した。

初代コバルトは2004年に誕生。『キャバリエ』(1996-2000年、トヨタが日本でも販売)と『プリズム』を統合して生まれたモデルで、4ドアセダンと2ドアクーペの2種類が用意された。北米向けは2010年、後継車の『クルーズ』にバトンタッチする形で生産を終えている。

2011年11月、GMは新型コバルトを発表。北米を除いた欧州、アフリカ、中東、南米など、世界の約40市場へ投入された。開発はGMのブラジル部門が主導し、GMの世界3拠点で生産中。

ボディサイズは、全長4479×全幅1735×全高1514mm、ホイールベース2620mm。大人5名が快適に過ごせる室内スペースが追求され、トランク容量は563リットル(VDA計測法)が確保された。

エンジンは1.3-1.8リットルの直列4気筒を設定。最初に投入されたブラジルでは、ガソリンとエタノールの混合燃料に対応したフレックスフューエル仕様の1.4リットルと1.8リットルがラインナップされている。

サンパウロモーターショー14で初公開されたカスタマイズコンセプトカーは、コバルトのパーソナライゼーションを提案した1台。グリルは、フレームをダーククローム、内部をグロスブラックで仕上げ、専用の16インチアルミホイールを装着。内装は黒基調でまとめ、ダークレザーとライトグレーの刺繍を使用。シボレーは、「上品さと洗練さを表現した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集