京急、大師線干支ヘッドマークのデザインを募集

鉄道 企業動向

京急は2015年元旦から大師線の電車に掲出する干支ヘッドマークのデザインの募集を始めた。写真は2014年のヘッドマークを掲出して走る大師線の電車。
  • 京急は2015年元旦から大師線の電車に掲出する干支ヘッドマークのデザインの募集を始めた。写真は2014年のヘッドマークを掲出して走る大師線の電車。
  • 2014年の干支「午(うま)」をデザインした前回の採用作品。今回は2015年の干支「未(ひつじ)」のデザインを募集する。
京浜急行電鉄(京急)は10月30日から、毎年恒例となっている大師線の干支(えと)ヘッドマークのデザイン募集を始めた。

募集するのは、大師線で運用している1500形に掲出するヘッドマークのデザイン。掲出期間は2015年1月1日から2月3日までになる。サイズは縦480mm・横430mmで、2015年の干支・未(ひつじ)と「川崎大師」の文字を入れることが条件となる。画材は問わないが、デジタルデータの場合はAdobe Illustrator CS4かAdobe Photoshop CS4で作成したものに限られる。

応募は京急アドエンタープライズ「京急大師線ヘッドマークデザイン募集係」が郵送で受け付ける。応募用紙は京急の沿線案内ウェブサイト「京急まちWeb」からダウンロードできる。締切は11月30日(当日消印有効)。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集