世界最速めざすEVスポーツ SP:01、最終デザインを公表…ファストバックに

エコカー EV

デトロイトエレクトリック社のEV、SP:01の最終デザイン
  • デトロイトエレクトリック社のEV、SP:01の最終デザイン
  • デトロイトエレクトリック社のSP:01の予告イメージ
  • デトロイトエレクトリック社のSP:01の開発プロトタイプ車
世界最速のEVを標榜し、現在開発の最終段階にある米国のデトロイトエレクトリック社のEV、『SP:01』。同車の市販モデルに関して10月27日、最終デザインが公表された。

デトロイトエレクトリック社は1912年、米国ミシガン州デトロイトに設立。当時としては、画期的だった電気自動車を生産していた。ところが1930年代に、会社は消滅する。

2008年、英国ロータスエンジニアリングの元CEO、Albert Lam氏らによって、デトロイトエレクトリック社が復活。新生デトロイトエレクトリック社が送り出す最初のEVが、SP:01。

SP:01は、ロータス『エキシージ』のシャシーがベース。ミッドシップに積まれるモーターは、最大出力201ps、最大トルク23kgmを発生する。カーボンファイバー製のボディは、車両重量が1068kg。二次電池は、蓄電容量37kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で最大290km以上が走行でき、充電に要する時間は、約4時間20分。パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.7秒、最高速は249km/h。

10月27日、デトロイトエレクトリック社は、SP:01の最終デザインを公表。2013年に公開されたプロトタイプ車とは異なり、エアロダイナミクス性能を追求した結果、ファストバックデザインが採用されているのが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集