ボルグワーナー、ボルボカーズ にターボ供給…新世代「Drive-E」用

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボカーズの新世代4気筒2.0ターボ「Drive-E」
  • ボルボカーズの新世代4気筒2.0ターボ「Drive-E」
米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは10月23日、スウェーデンのボルボカーズの新エンジンに、ターボチャージャーを供給すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーがボルボカーズに供給するのは、ボルボカーズが新開発した「Drive-E」と呼ばれる新世代エンジン用のターボチャージャー。

Drive-Eは、ボルボカーズの主力ユニットとして、順次搭載を拡大中。ガソリン、ディーゼルともに、全て直列4気筒となり、このうち、2.0リットルディーゼルがボルグワーナー製の「R2S」ターボチャージャーを採用。ディーゼルの「D4」の場合、最大出力190hp、最大トルク40.8kgmのパワー&トルクと、欧州複合モード燃費30.3km/リットル、CO2排出量85g/kmの環境性能を両立する。

ボルグワーナー製のR2Sターボチャージャーは、容量の異なる2つのターボを採用。エンジンの低回転域から、高いブースト圧をかけられるなどの特徴を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集