フォード、英国工場に投資…次世代ディーゼル生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターの英国ロンドン・ダゲナム工場
  • フォードモーターの英国ロンドン・ダゲナム工場
米国の自動車大手、フォードモーターは10月20日、英国ロンドンのダゲナム工場に、1億1900万ポンド(約205億円)を追加投資すると発表した。

今回の投資は、フォードモーターの新世代ディーゼルエンジンの生産を、ダゲナム工場で行うための準備。この追加投資によって、318名の新規雇用を創出する。

新世代ディーゼルエンジンは、排気量が2.0リットル。CO2性能など、環境性能を高めた最新ディーゼルになる。投資は2段階に分けて行われ、最初の投資で商用車用エンジンの生産体制を整え、2度目の投資で乗用車用エンジンを生産する準備とする。

商用車用エンジンの製造は、2015年末ごろに開始する予定。乗用車用エンジンは、2017年からの生産を計画している。

フォードモーターのスティーブン・オデール上級副社長は、「ダゲナム工場における次の段階の投資を、喜んで発表する。ダゲナム工場製のエンジンは、英国内だけでなく、全世界に出荷していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集