【ロサンゼルスモーターショー14】アキュラ の入門セダン ILX 、米国で2016年型を予告

自動車 ニューモデル 新型車

アキュラILX 2016年モデルの予告イメージ
  • アキュラILX 2016年モデルの予告イメージ
  • アキュラ ILX 現行型
  • アキュラ ILX 現行型
  • アキュラ ILX 現行型
  • アキュラ ILX 現行型
ホンダの高級車ブランド、アキュラは10月20日、米国で11月に開催されるロサンゼルスモーターショー14において、アキュラ『ILX』の2016年モデルを初公開すると発表した。

アキュラILXは2012年2月、シカゴモーターショー12で発表。ホンダ『シビック』をベースに開発されたアキュラブランドの新たな入門車。シビックのメカニズムをベースにしながら、専用デザインのボディが与えられる。

アキュラブランドの市販車としては、初のハイブリッドが設定されたのも、ILXの大きな特徴。1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、北米向け『シビックハイブリッド』用がベース。

2014年6月、アキュラはILXの2015年モデルを米国で発表。ラインナップは2.0リットルと2.4リットルの直列4気筒ガソリンエンジン搭載車だけとなり、ハイブリッドは廃止された。

アキュラは10月20日、ロサンゼルスモーターショー14において、ILXの2016年モデルを初公開すると発表。現時点ではその詳細は公表されていないが、デビュー2年半が経過して、初の大幅改良が施される。

なおアキュラは、2016年モデルの予告イメージを1点配信。「さらに外観をスポーティにし、インテリアにアップグレードを施す。新たなパワートレインも採用」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集