アウディ TT 新型にレーサー、欧州でワンメークレース開催へ…2015年

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディ スポーツTTカップ参戦マシン
  • アウディ スポーツTTカップ参戦マシン
  • アウディ スポーツTTカップ参戦マシン
  • アウディ スポーツTTカップ参戦マシン
  • アウディ スポーツTTカップ参戦マシン
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月17日、2015年から新たなモータースポーツとして、「アウディ・スポーツTTカップ」を開催すると発表した。

このレースは、ドイツを中心に開催されている人気モータースポーツ、「DTM」(ドイツ・ツーリングカー選手権)の前座レースとして企画。2015年からワンメークレースとして行われ、新型アウディ『TT』24台の参加を見込む。2015年は、2戦を開催する予定。

アウディ・スポーツTTカップでは、レース専用車の新型TTを使用。大型リアウイングをはじめ、エアロダイナミクス性能を大幅向上。軽量化も推進し、車両重量は1125kgに抑えられる。

エンジンは、市販車の新型TT用の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」がベース。最大出力310hpを発生。市販車用に対して、30hp引き上げられた。

アウディは入門レーサーにとって、魅力あるレーシングカーを開発することで、他の入門レースシリーズからの乗り換えを期待。同社のウルリッヒ・ハッケンベルク 技術開発担当取締役は、「TTがファンとドライバーを興奮させるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集