【パリモーターショー14】プジョー 508 RXH 、ハイブリッドSUVにも改良新型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー 508 RXH 改良新型(パリモーターショー14)
  • プジョー 508 RXH 改良新型(パリモーターショー14)
  • プジョー 508 RXH 改良新型(パリモーターショー14)
  • プジョー 508 RXH 改良新型(パリモーターショー14)
  • プジョー 508 RXH の大幅改良モデル
  • プジョー 508 RXH の大幅改良モデル
  • プジョー 508 RXH の大幅改良モデル
  • プジョー 508 RXH の大幅改良モデル
  • プジョー 508 RXH の大幅改良モデル
フランスの自動車大手、プジョーは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、改良新型『508RXH』を初公開した。

プジョーは2011年秋、フランクフルトモーターショーで508RXHを発表。ステーションワゴンの『508SW』をベースに開発されたクロスオーバー車が、508RXH。ステーションワゴンベースのクロスオーバー車としては、ボルボが『V70』をベースにした『XC70』を投入。アウディも、『A6アバント』ベースの『A6オールロードクワトロ』、『A4アバント』ベースの『A4オールロードクワトロ』を用意している。プジョーもこのカテゴリーに、508RXHで参入した。

ベース車両の508SWに対して、ワイドフェンダーや専用18インチアルミホイールによって、足元のたくましさを強調。フロントバンパーには、左右に3本ずつのLEDライトが配されたのが特徴。プジョーは、「ライオンの爪をイメージした」と説明する。

プジョーはパリモーターショー14において、508RXHの初の大幅改良モデルを初公開。その内容はセダンとSWに準じる。外観は、フロントを中心に変更。グリル、ヘッドランプ、バンパー、ボンネットが新デザインとなり、表情を一新する。リアは、テールランプやバンパーが新しい。

室内は、ダッシュボード中央に、7インチの新型タッチスクリーンを配置し、各種情報表示を集約。これにより、従来よりもスイッチ類の数を減らした。センターコンソールには、新しい収納部を採用。各種素材を見直し、質感を引き上げる。

508RXHには、プジョーのハイブリッド、「ハイブリッド4」を継続採用。エンジンは2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「HDi FAP」で、モーターと合わせて最大出力200ps、最大トルク45.9kgmを発生。駆動方式は4WDとなる。モーター単独で走行できるEVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費30.3km/リットル、CO2排出量85g/kmの優れた環境性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集