【MotoGP】新規メーカー参入でどうなる2015年…レプソルホンダ、マルケスとペドロサに聞いた

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マルク・マルケス選手
  • マルク・マルケス選手
  • MotoGP 日本GP
  • スズキ・GSX-RR
  • アプリリア・RSV4(スーパーバイク世界選手権マシン)
  • ダニ・ペドロサ選手
  • MotoGP 日本GP
  • 左からビオ・スッポ監督、ライダーのマルク・マルケス選手、ダニ・ペドロサ選手
  • MotoGP 日本GP
来年のMotoGPは、アプリリアとスズキの参戦とホットな話題が絶えない。日本GPで見事シリーズチャンピオンを決めたマルク・マルケス選手を擁するレプソルホンダチーム。今シーズンも強さを見せたトップチームのメンバーに、多数の新規メーカー参入がある来シーズンについて現在の心境を聞いた。

HRCチーム代表のリビオ・スッポ監督はスズキの参入に対して「スズキはすばらしい実績を誇るチームだ。私たちも学ぶことが多いだろう」と歓迎のコメント。

マルケス選手は「ライダーにとってもマニュファクチャラーが増えるのは嬉しい。ただ、初年度はチャレンジングで難しいシーズンにはなると思う。僕は変わらずこれまでにやってきたことを来年もやり続ける。僕の姿勢に変わりはない」と語った。

マルケス選手は、今シーズンチャンピオンが決まったが、2位争いは現在3選手が3ポイント圏内と拮抗。その渦中にある、ペドロサ選手は「スズキには実績があり、アプリリアも果たしてどんなマシンを投入してくるか楽しみだ。ただ、どんなライダーを起用するかが重要なポイントとなる」と話した。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集