スズキ スカイウェイブ400タイプS ABS、カラーリングを変更

モーターサイクル 新型車

スズキ・スカイウェイブ400タイプS ABS
  • スズキ・スカイウェイブ400タイプS ABS
  • スズキ・スカイウェイブ400タイプS ABS
スズキは、ビッグスクーター『スカイウェイブ400タイプS ABS』のカラーリングを変更し、10月29日より販売を開始する。

スカイウェイブ400タイプS ABSは、力強い出力特性の399ccエンジンを搭載し、高い制動力のフロントダブルディスクブレーキを装備する中型スクーター。前後ブレーキに電子制御式ABSを標準で装備する。

今回、設定色の車体色を変更し、艶消し灰色のマットフィブロイングレーメタリック、白色のパールブレーシングホワイトの2色設定とした。

そのほか、ホイールピンストライプ色やヘッドライトエクステンション色、テールレンズ色などを変更した。主要諸元に変更はない。

価格は79万9200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集