フォルクスワーゲン と中国第一汽車、提携関係を25年延長…2041年まで

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツのメルケル首相と第一汽車、フォルクスワーゲングループの両首脳
  • ドイツのメルケル首相と第一汽車、フォルクスワーゲングループの両首脳
  • 一汽フォルクスワーゲンの新型ボーラ
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは10月10日、中国の第一汽車(FAW)との提携関係を2041年まで延長することで合意した、と発表した。

フォルクスワーゲングループは2012年11月、第一汽車との提携関係を、2016年以降も継続すると発表。今回、この契約をさらに25年延長。2041年まで、両社がパートナーシップ契約を維持することが約束された。

両社の中国合弁、一汽フォルクスワーゲンは1991年、吉林省長春工場において『ジェッタ』の生産を開始。現在、一汽フォルクスワーゲンの吉林省長春工場では、フォルクスワーゲン車やアウディ車などを組み立てている。

フォルクスワーゲングループの中国合弁には、上海汽車との合弁の上海フォルクスワーゲン、第一汽車との合弁の一汽フォルクスワーゲンの2社がある。2014年1-9月実績は、両社合わせて270万台以上。前年同期比は15.2%増と伸びた。

フォルクスワーゲングループ取締役会のマルティン・ヴィンターコルン会長は、「強固なパートナーとともに、フォルクスワーゲンは技術革新、環境技術の開発、従業員の訓練に注力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集