【カーオブザイヤー14 選考コメント】クルマ造りに対する情熱の強さで デミオ…石川真禧照

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ デミオ
  • マツダ デミオ
  • マツダ デミオ
  • マツダ・デミオ
  • マツダ・デミオ
  • マツダ・デミオ
  • 石川真禧照氏
ボクの採点基準は、クルマの出来もだが、そのクルマの開発過程や開発陣の心意気なども考慮している。輸入車も同じだ。海外でのプレス試乗会などで、開発メンバーや役員と話をしていると、開発のバックボーンなどが解ってくる。

『デミオ』も発売前から開発メンバーと話をした。そのときにわかったのは開発陣のクルマ造りに対する情熱の強さだった。ヨーロッパでも通用する出来の良さ。日本車のレベルを上げている。技術的にも小排気量ディーゼルの実用化などで、ヨーロッパメーカーをリードしたと言ってよいだろう。このような理由で大賞にふさわしいクルマだと思いました。

マツダ『デミオ』:10点
ほか、メルセデス『Cクラス』、BMW『i3』など。

石川 真禧照│自動車生活探検家
自動車を人々の生活の道具としての観点から捉える評価や評論を得意とするところから自動車生活探検家を名乗る。日本だけでなく、ヨーロッパ、アメリカへの取材にも積極的で、各国の自動車事情にも詳しい。国産車、輸入車、新車、中古車を問わず試乗するクルマの台数は年間200台以上になる。
《石川真禧照》

編集部おすすめのニュース

特集