【パリモーターショー14】大きなフィアット「500X」…エクステリアは2種類[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
  • フィアット・500X(パリモーターショー14)
イタリアの自動車大手、フィアットは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、フィアット『500X』を初公開した。

外観のデザインは、フロントマスクなどに、500シリーズのアイデンティティを表現。ボディサイズは、全長4250mm、全幅1800mm、全高1610mm。ハッチバックのフィアット500に対して、ひと回り大きい。

フィアット500Xには、「メトロポリタン」と「レジャー」の2仕様を用意。メトロポリタンは都市向け、レジャーはアウトドア志向となる。欧州仕様のエンジンは、ガソリンとディーゼルなど複数。トランスミッションはMT、9速AT、6速デュアルクラッチの3種類が設定される。駆動方式は、FFと4WD。FFでは、「トラクション・プラス」と呼ばれる仕様も選択できる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集