【カーオブザイヤー14】10ベスト発表…輸入車か国産車か、イヤーカーはどうなる?

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
  • BMW i3
  • スバル レヴォーグ 20 GT-S(参考画像)
  • プジョー308
  • スズキ ハスラー Xターボ
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッド V
  • 日産 スカイライン
10月8日、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、2014~2015年日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされていた38車種から、第一次選考を通過した上位10台を発表した。

10ベストは以下の通り(順不同)。

マツダ『デミオ』
メルセデスベンツ『Cクラス』
BMW『i3』
スバル『レヴォーグ』
プジョー『308』
スズキ『ハスラー』
トヨタ『ヴォクシー/ノア』
日産『スカイライン』
ホンダ『N-WGN/N-WGN カスタム』
ジープ『チェロキー』

輸入車勢は、メルセデスベンツの主力セダン Cクラスや、BMWの次世代モビリティ i3がベスト10入り。国産勢は、「アイサイト(EyeSight) Ver.3」を搭載したレヴォーグや、新開発の1.5リットル クリーンディーゼルエンジンをラインナップしたデミオ、軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させたハスラーなどが選出された。2年連続で輸入車がイヤーカーの座を勝ち取るのか、国産小型車が巻き返すのかに注目が集まる。

最終選考会・表彰式は10月13日に、お台場モーターフェス会場内で行われる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集