【全日本MX 第8戦】ホンダ、成田亮が3連覇達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
全日本モトクロス選手権・第8戦が10月5日、広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催され、IA1クラスでは成田亮(ホンダ)がシーズン3連覇を達成した。

今大会で成田は、ランキング2位のチームメート小方誠より、両ヒートの合計で5点以上多くポイントを稼げば、年間タイトル防衛と、自身のV10が決定する状況だった。

ヒート1、成田は好スタートを決めて、1周目をトップでクリア。レース序盤、成田は2番手を引き離しながら周回。5秒近いリードを築いた。しかし、6周目に平田優(ヤマハ)が2番手に浮上すると、その差は次第に縮まる。後半に入ると、成田と平田は約2秒差にまで接近。そして、13周目から激しいバトルが展開され、14周目には平田がトップに立つ。成田は数周にわたって平田を猛追するが、最後は引き離され、2位でフィニッシュとなった。一方、小方は、追い上げがうまくいかずに8位でレースを終えた。

ヒート2、トップグループは、熱田孝高(スズキ)を先頭に三原拓也(カワサキ)、新井宏彰(カワサキ)、成田で形成。3周目に新井を抜いた成田は、次周には三原と熱田を次々にパスしてトップに浮上。トップグループは、田中教世(ヤマハ)と平田が加わり6台となった。中盤に入ると、成田の後方に平田が接近。11周目、成田は平田にトップの座を譲って2番手に後退。その後、平田の独走を許し、2位でフィニッシュとなった。しかし成田は8位に終わった小方のゴールを待つことなく、ホンダライダーとして3年連続となる、自身10度目のシリーズタイトルの獲得を決めた。

■IA1(ヒート1)
1位:平田優(ヤマハ)
2位:成田亮(ホンダ)
3位:熱田孝高(スズキ)
4位:田中教世(ヤマハ)
5位:三原拓也(カワサキ)
6位:新井宏彰(カワサキ)

■IA1(ヒート2)
1位:平田優(ヤマハ)
2位:成田亮(ホンダ)
3位:新井宏彰(カワサキ)
4位:三原拓也(カワサキ)
5位:熱田孝高(スズキ)
6位:島崎大祐(ホンダ)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集