【パリモーターショー14】1.4ターボの小型ロケット…オペルの入門コンパクト、アダム に「S」

自動車 ニューモデル モーターショー

オペル アダム S(パリモーターショー14)
  • オペル アダム S(パリモーターショー14)
  • オペル アダム S(パリモーターショー14)
  • オペル アダム S(パリモーターショー14)
  • オペル アダム S(パリモーターショー14)
  • オペル アダム S
  • オペル アダム S
  • オペル アダム S
  • オペル アダム S
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペル/ボクスホールは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、『アダム S』を初公開した。

オペルは2012年秋、パリモーターショー12で『アダム』を発表。オペルの新世代コンパクトカーで、MINIの『ハッチバック』やフィアット『500』を競合車に想定する。欧州のデザインチームが手がけたアダムの3ドアハッチバックボディは、斬新なルーフデザインが特徴。

ボディサイズは全長3700mm、全幅1720mm、ホイールベース2311mm。インテリアは4シーターの設計。ボディカラーと同じ色をステアリングホイールやシフトレバー、サイドブレーキレバーにアクセントとして使うなど、若い顧客を意識した演出が斬新。

オペルは2014年春、ジュネーブモーターショー14にコンセプトカーのアダムSを出品。パリモーターショー14では、その市販版がデビューを飾った。

アダムSは、アダムの高性能グレード。そのハイライトは、エンジンにある。直噴1.4リットル直列4気筒ガソリン「エコテック」に、ターボチャージャーを装着。最大出力はリッター100psを超える150psを引き出し、最大トルクは22.4kgmを獲得した。

このスペックは、ベースの自然吸気ユニットに対して、出力は50%、トルクは70%増し。アダムSは6速MTとの組み合わせで、0-100km/h加速8.5秒、最高速220km/hのパフォーマンスを実現した。内外装には、高性能グレードらしい演出を実施。オペルは、「等身大のコンパクトロケットは、11月に発売予定」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集