【グッドデザイン14】デンソーの医療医薬用ロボットが大賞候補に選出

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーが開発した「産業用ロボット/医療医薬用ロボット VS050 SII」が、グッドデザイン・ベスト100およびグッドデザイン大賞候補に選出された。

VS050 SIIは、主に食品や医薬品、半導体などの製造工場で使用され、クリーンルームなどでの作業を想定した産業用ロボット。作業内容に応じて機能や形状が異なるアダプターをアームの先端に装着することで様々な作業にフレキシブルに対応し、生産工場の自動化・省力化に貢献する。

高い衛生状態維持が必要となるため、溝や穴を埋めた滑らかな形状とし、さらに関節部断面を正円とすることで、汚れや雑菌が溜まりやすい段差や隙間を除去。また、過酸化水素ガス洗浄に対応するために、表面は塗装ではなく磨き上げ処理を施した結果、これまでにない品質感と存在感を持ったデザインである点が評価された。

デンソーはこのほか、「自動車用メーター/ レクサスNX用メーター」「車載用電動冷凍機/ CHV用電動冷凍機」「移動体の研究開発/ X-mobility」の3製品もグッドデザイン賞を受賞。同社のグッドデザイン賞受賞は23年連続、累計121件となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集