【F1 日本GP】フリー走行3回目はロズベルグが首位…可夢偉 出走も22位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 小林可夢偉(ケータハム)
  • ダニエル・リチャルド(レッドブル)
  • キミ・ライコネン(フェラーリ9
  • ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)
  • グランドスタンドに詰めかける多くのファン
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2014年のF1日本GPが開催されている鈴鹿サーキットで、フリー走行3回目が午前11時から行なわれた。

昨日クラッシュがあった小林可夢偉(ケータハム)だったが、マシンも無事に修復されセッション序盤に元気よく登場。スタンドに詰めかけたファンから声援が贈られた。わずか1時間の走行セッションだったが12周を走破。しかし昨日走れなかった影響は大きくトップから5.8秒遅れの22位に終わった。

トップタイムを記録したのは昨日に引き続き好調のニコ・ロズベルグ(メルセデス)。一方、ライバルのルイス・ハミルトン(メルセデス)はセッション終盤に1コーナーでコースオフ。バリアにマシンをヒットさせてしまい、サスペンションなどにダメージを負ってしまった。現在メカニックが懸命に修復中。おそらく午後の予選には間に合うと思われる。

フリー走行3回を終えて、全セッションでメルセデスの2台がトップを独占。おそらく午後の予選も、ハミルトンとロズベルグによるポールポジション争いになっていくだろう。ドライバーの腕と度胸が試される鈴鹿で、どちらが予選最速の座を勝ち取るのか。注目の公式予選は、この後14時00分から始まる。

F1 日本GPフリー走行3回目 結果
1.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
4.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)
5.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
7.ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)
8.ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)
9.ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
10.ジェンソン・バトン(マクラーレン)


22.小林可夢偉(ケータハム)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集