【ルノー メガーヌRS 限定車】本国フランスに次ぐオーダー「多くの日本人に届けたい」

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
  • ルノー・メガーヌRSトロフィーR
ルノー・ジャポンは2015年初旬に、ニュルブルクリンクでFF量販車最速ラップを樹立した、『メガーヌ ルノー・スポール(以下RS)トロフィーR』など3台の限定車を発売する。

メガーヌRSトロフィーRは世界限定250台で、そのうち60台が日本に割り当てられた。同社商品企画グループチーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレンさんによると、「当初の全生産台数は200台だった」と打ち明ける。

「世界からのオーダーを集計した結果、生産台数が足りないと判明し、250台に増えた。本国でも日本から60台も要望があるとは考えていなかったようだ」と述べ、「この台数はフランスに次いで2番目に多い台数。イギリスの約倍の台数だ」と話す。

「本国ではいくつかほかのカラーリングもあるようだが、日本はアイコニック的な存在も兼ねて、タイムレコードを樹立したカラーの、ニュルブルクリンクを走ったクルマに一番近い仕様で販売する」とブレンさん。

「このクルマは、ルノー・スポールが持っているノウハウをすべて盛り込んだものだ。ルノーは頂点のF1から、ルノー・スポールというスポーツカー、そして、量販車があり、それらすべてに運転する楽しさを追求するのが昔からの考え方だ。その中で一番高いレベルの市販車がトロフィーRなのだ」という。

トロフィーRは60台限定で、2シーターの左ハンドル。更に遮音材なども外された仕様だ。ブレンさんは、「これ以外に5人乗り右ハンドルで遮音材などは標準車と同じトロフィーSも60台限定で(販売する)。足回り等は通常の市販モデルと共通で、5000回転で10Nmトルクを向上させ、アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装着したトロフィーは90台限定で導入するので、なるべく多くの日本人のファンに乗ってもらいたい」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集