【パリモーターショー14】シュコダ、ファビア 新型を発表…小型車の新基準を標榜

自動車 ニューモデル 新型車

【パリモーターショー14】シュコダ、ファビア 新型を発表…小型車の新基準を標榜
  • 【パリモーターショー14】シュコダ、ファビア 新型を発表…小型車の新基準を標榜
  • 【パリモーターショー14】シュコダ、ファビア 新型を発表…小型車の新基準を標榜
  • シュコダ・ファビア コンビ(パリモーターショー14)
  • シュコダ・ファビア コンビ(パリモーターショー14)
  • シュコダ・ファビア コンビ(パリモーターショー14)
  • シュコダ・ファビア(パリモーターショー14)
  • シュコダ・ファビア(パリモーターショー14)
  • シュコダ・ファビア(パリモーターショー14)
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは10月1日、フランスで開催したパリモーターショー14のプレビューイベントにおいて、新型『ファビア』を初公開した。

ファビアは、シュコダの主力コンパクトカー。初代ファビアは、1999年にデビュー。フォルクスワーゲン『ポロ』とシャシーを共用する小型5ドアハッチバック。2000年にはワゴンの「コンビ」、 2001年にはセダンを追加した。2007年3月のジュネーブモーターショー07では、5ドアハッチバックとワゴンのコンビが2代目に移行している。

3世代目となる新型ファビアは、フォルクスワーゲングループの新世代車台、「MQB」をベースに開発。その上に、スポーティなデザイン、バランスの取れたプロポーションなどが表現された。

新型のインテリアは、機能性とエモーショナル性が開発テーマ。小型ボディで最大の室内空間が追求された。トランク容量は330リットル(VDA計測法)と、クラス最大級のスペース。「ミラー・リンク」と呼ばれる車載コネクテッドシステムも用意される。

シュコダ取締役会のビンフリート・ファーラント会長は、「3世代目のファビアが、再び小型車セグメントの新基準を打ち立てる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集