【リコール】三菱 ミニキャブ など、曇り止めヒーターモーターに不具合

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は10月2日、『ミニキャブ』などのブロワモータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『ミニキャブ』『タウンボックス』、日産『クリッパー』『クリッパーリオ』の4車種で、2007年11月30日~2011年7月5日に製造された12万0021台。

ブロワモータのブラシの材質が不適切なため、最大風量での長時間使用を繰り返すと、ブラシが早期に摩耗する場合がある。そのため、ブロワモータの回転が遅くなり、そのまま使用を続けると作動が停止し、前面ガラスに曇りが生じた場合に安全な視野を確保できなくなるおそれがある。

全車両、ブロワモータのラベル色を確認し、対策前品の場合は対策品と交換する。

不具合は206件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集