ボルボ 60シリーズ 2015年モデル発売…10種の安全装備・運転支援機能を標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ・60シリーズ
  • ボルボ・60シリーズ
  • ボルボ・S60
  • ボルボ・S60
  • ボルボ・S60
  • ボルボ・S60
  • ボルボ・V60
  • ボルボ・V60
  • ボルボ・V60
ボルボ・カー・ジャパンは10月1日、『60シリーズ』(S60、V60、XC60)の一部仕様を変更し、2015年モデルとして販売を開始した。

2015年モデルでは、これまでオプション設定としていた「セーフティ・パッケージ」にリアビューカメラを加え、10種類の安全装備・運転支援機能を「インテリセーフ・テン」として、全モデルに標準装備。「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付ACC」、「フル・アクティブ・ハイビーム」など、10種類の先進安全・運転支援機能を備えながら、価格の上昇を最小限に抑えている。

マルチメディアシステム「センサス」は、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加し、操作画面を一新。さらに、カーナビ連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器を標準装備とし、マップケア(ナビデータの無償更新)にも対応する。

また、harman/kardonの12個のプレミアムサウンドスピーカーを搭載する総出力650Wのプレミアムサウンド・オーディオシステムをオプションで用意。迫力の重低音を満喫できるロングストロークウーハー、クリアな高音を再生するためのドーム・ツィーター、センターおよびフロントドアに組み込まれたミッドレンジスピーカー、さらにスウェーデンDiracResearch社の次世代音質・音場補正ソフトウェア「DiracLive」を採用し、すべてのシートでリアルかつ臨場感あるサウンドを実現している。

価格はS60シリーズが395万円から645万円、V60シリーズが415万円から665万円、XC60シリーズが519万円から719万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集