ジャガー、新型セダン XE の日本導入に自信「ライジングスターになる」

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XE S
  • ジャガー XE S
  • ジャガー・XJとFタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプクーペ
  • ジャガー・Fタイプコンバーチブル
  • ジャガー XE S
  • ジャガー XE S
  • ジャガー XE S
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは日本市場に『Fタイプ』投入以降、自動車界の“GAME CHENGER”として、既存のブランドイメージや歴史を進化させ、プレミアムブランドの頂点を目指していくという。

今後の日本市場について、同社代表取締役社長のマグナス・ハンソン氏は、「プレミアムセグメントに『XE』で再参入する。圧倒的にドイツの存在感が強いこのマーケットにおいて、ブレイクさせることができるクルマだ」とXE導入への自信を見せる。

XEは、「スリークで圧倒されるようなプロポーションと、素晴らしいエンジンを搭載し、全く新しいアルミ構造とプラットフォームを採用している。更に、ジャガーらしいハンドリング性能を備えている」とし、「(『Fタイプ』に続き)、これも真のGAME CHENGERと呼べるクルマだ」と述べる。発売時期については、「年内には予約注文を開始し、2015年前半から本格的な販売に乗り出す」とコメント。

エンジンについては、「4気筒“エコカー”エンジンを日本マーケットのために投入することになる」とした。

最後にハンソン氏は、「XEはこれからの第1歩にすぎない。近々ジャガーは、既存のラインナップを2倍にする。そして、今後3年間で、毎年新しいジャガーをひとつは導入していく」と述べ、「これからがブレイクであり、プレミアムマーケットにおいて、グローバルのみならず、日本でも必ず“ライジングスター”になるだろう。これからの数年間は、ナンバー1の成長を見せるプレミアムブランドになることを目標に据えている」と意気込みを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集