ベントレー ミュルザンヌ…2.5トンを物ともしない104kgmの超絶トルク[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・ミュルザンヌ
『アルナージ』の後継モデルとして2010年に登場したベントレーの『ミュルザンヌ』。

ミュルザンヌは、新規採用のプラットフォームとなり、ボディサイズは全長5575x全幅1926x全高1521mmで、ホイールベースが3266mm。アルナージと比較して200mm近く長くなっているが、重量はほぼ同等の2585kgに抑えられている。

アルナージから完全にリフレッシュされたエンジンは、軽量化されたピストン、コンロッド、クランクシャフトなど採用する他、4気筒走行モードを追加することにより、燃費とCO2排出量を向上した。6.75リットルのV8ツインターボは、最高出力512psと最大トルク104kgmを発揮し、0-100km/hを5.3秒で加速する。最高速度は296km/hに達する
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集