【ジャカルタモーターショー14】ドゥカティ、世界500台限定のスーパーバイクを展示

自動車 ニューモデル モーターショー
ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
  • ドゥカティ 1199パニガーレ・スーパーレジェーラ(ジャカルタモーターショー14)
アウディ傘下のイタリアンバイクブランド、ドゥカティはジャカルタモーターショーで『1199パニガーレ・スーパーレジェーラ』を展示した。2013年10月に発表された、世界限定500台の軽量スーパーバイクだ。

195psの1199cc・L型2気筒ガソリンエンジン搭載する『1199パニガーレ』をベースに、モノコックフレームやホイールを、マグネシウム製に変更。さらに、リアのサブフレームとボディワークをカーボンファイバー製とした。排気システムもチタニウム製に変更するなどして徹底的な軽量化が図られた。これにより、もともと軽量が売りだったベース車比で15kgの軽量化に成功、155kgの乾燥重量を実現した。さらに、エンジンにも手を入れ5psアップの200psに。パワーウェイトレシオは1.29ps/kgと、量産二輪車の世界最高記録を更新した。

車名になっている「スーパーレジェーラ」は、同じアウディ傘下であるランボルギーニの上級モデルに冠される名前を採用している。スーパーレジェーラとは「超軽量」を意味する。

ベトナムほどではないが、まだまだ自動車が高級なものであるインドネシアにおいてバイクは庶民の足として活躍している。その多くは125ccクラスのスクーターだが、バイクそのものの生活への密着度は日本以上。平均収入が約2万5000円というインドネシアにおいて、200万円以上のドゥカティは雲の上の存在だが、いっぽうで年々増加する富裕層に向けては良いアピールになった様子。会場では商談をおこなう一般来場者の姿もみられた。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集