【リコール】日産 フーガ など1万8000台、ECUや自動変速機に不具合

自動車 ビジネス 企業動向
日産 フーガ
  • 日産 フーガ
  • 改善箇所
  • 改善箇所
日産自動車は9月18日、『フーガ』ほか4車種のエンジン制御コンピュータなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、日産『フーガ』『シーマ』『スカイライン』、三菱『ディグニティ』の4車種で、2010年9月30日~2014年7月28日に製造された計1万8525台。

不具合部位はエンジン制御コンピュータ、駆動モータインバータ、自動変速機の3か所。

エンジン制御コンピュータについては、プログラムが不適切なため、スロットルポジションセンサからの信号が異常だと判断した場合、フェールセーフ制御によりスロットル開度を固定状態にするが、当該制御中にスロットルポジションセンサからの信号が正常に戻った場合、スロットルが徐々に開くことがある。そのため、エンジン回転が徐々に上昇し、アクセルペダルを踏んでいないにもかかわらず加速するおそれがある。

全車両、当該エンジン制御コンピュータのプログラムを修正する。

駆動モータインバータについては、制御コンピュータのプログラムが不適切なため、当該コンピュータが自動変速機のギヤ位置等の信号を受信する際に通信異常と判定する場合がある。そのため、警告灯が点灯し、最悪の場合、駆動モータが停止して走行不能になるおそれがある。

全車両、当該駆動モータインバータの制御コンピュータのプログラムを修正する。

自動変速機については、ケースの製造が不適切なため、ケースに亀裂が生じたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合、ケースが破損して走行不能になるおそれがある。

全車両、当該自動変速機を点検し、亀裂がある場合は、良品と交換する。

駆動モータインバータについては、不具合が14件発生。そのほかは不具合、事故ともに起きていない。

エンジン制御コンピュータについては社内からの情報、駆動モータインバータについては市場からの情報、自動変速機については取引先からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

特集