ポルシェの新型SUV マカン、米国でリコール…ブレーキに不具合

自動車 テクノロジー 安全
ポルシェ・マカン ターボ
  • ポルシェ・マカン ターボ
  • ポルシェ・マカン ターボ
  • ポルシェ・マカン ターボ
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが販売を開始したばかりの新型SUV『マカン』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは9月12日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ポルシェの米国法人、ポルシェ・カーズ・ノースアメリカから、マカンについて、リコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、マカンのブレーキの不具合が要因。NHTSAによると、マカンの一部車両のブレーキブースターが、製造段階で破損した可能性があるという。

ブレーキブースターが破損していた場合、ブレーキの作動で部品が脱落。最悪の場合、ブレーキが効かなくなり、事故のリスクが高まる。

ポルシェは、2015年モデルのマカンを購入した顧客に連絡。販売店で点検を行い、ブレーキブースターの破損が見つかれば、交換するとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集