スズキの日本の研究開発チームがインド向けバイクをデザイン

エマージング・マーケット インド・南アジア

日本の浜松に本社を置くスズキの研究開発センターで、トップクラスのデザイナーと技術者による選抜チームがインドに特化した二輪自動車とスクーターの開発を行っているとタイムズオブインディアが伝えた。

2年前に結成されたこのチームは今年前半に発表された112cc Let'sに続き150ccストリートスポーツバイクGixxerを発表したばかりである。

スズキ・モーターサイクル・インディアのアトゥール・グプタ副社長は、「スズキ・モーターサイクル・インディアは今まさにその製品ラインナップをアップグレードしつつある。

今年に入って弊社は4種類の製品を発表したが、そのうち2種類は浜松の研究開発センターでデザインされたものである。今後もさらに幾つかの製品が加わるだろう」と話している。

まだ同社の広沢賢司副社長(販売・マーケティング部門)は「Gixxerはインドのライダーに向けたスズキのフラッグシップモデルとなり、バイク分野での市場シェア拡大に貢献するだろう」と話した。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集