日産元社長・会長の久米豊氏が死去

自動車 ビジネス

久米 豊氏
  • 久米 豊氏
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
  • 日産・シーマ(FY31)
日産自動車の社長、会長や経団連副会長などを務めた久米豊(くめ・ゆたか)氏が、9月10日に胃がんのため、亡くなった。93歳だった。葬儀は近親者で執り行われた。喪主は長男の泰介(たいすけ)さん。「お別れの会」が開かれるが日取りなどは未定。

1944年(昭和19年)に東京帝国大第2工学部を卒業後に海軍に入り技術中尉で終戦。46年日産自動車(当時日産重工業)に入社し、生産や開発部門に従事した。85年から92年まで社長に在任し、88年に投入した高級車『シ―マ』は折からのバブル経済もあってヒットし、「シ―マ現象」という流行語を生んだ。90年から94年まで日本自動車工業会会長も務めた。東京都出身。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集