フォード、米国で13万台をリコール…エンジン系統に不具合

自動車 テクノロジー 安全
フォード フォーカスST
  • フォード フォーカスST
  • フォード エスケープ
米国の自動車大手、フォードモーター。同社が米国市場において、およそ13万台のリコール(回収・無償修理)を行う。

これは9月12日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「フォードモーターから、フォード『エスケープ』と『フォーカスST』に関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、エンジン系統の不具合が原因。NHTSAによると、吸気システム内のセンサーが誤った信号を送り、走行中にエンジンが停止する可能性があるという。

リコールの対象になるのは、2013‐2014年モデルのフォード エスケープとフォーカスST。いずれも、2.0リットルエンジン搭載車で、米国で販売された合計13万3227台が、リコールに該当する。

フォードモーターでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、対策部品に交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集