【モスクワモーターショー14】ヒュンダイ、FCVコンセプトの イントラード 出展…600km走行可能[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
  • ヒュンダイ・イントラード(モスクワモーターショー14)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車)は、モスクワモーターショー14で『イントラード』(INTRADO)をロシア初公開した。同車は次世代燃料電池を搭載したコンセプトカー。2014年3月のジュネーブモーターショー14で世界初公開された。

イントラードの燃料電池ユニットは、2013年に欧州に投入した市販FCV『ix35』用を小型軽量化したユニットを採用する。二次電池に36kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、水素満充填で最大600kmの走行が可能だ。

その他、カーボンフレームや軽量スチール素材を採用した軽量ボディも特徴である。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集